空圧機器の水による病に

              ドレン分離器

AQUA EATER
アクアイーター

                               会社概要

圧縮空気のドレンを99.9%カット

その上、メンテナンスフリーです!!


緊急補修や短期サイクルのメンテナンスを余儀なくされているのが実状です!

近年、エアーテクノロジーの技術革新により、ますます空気の応用範囲が広がり、あらゆる分野でエアー技術を利用した機器が活躍していますが、圧縮空気中に含まれているドレンの影響で再三にわたりラインが止まり、緊急補修したり、定期メンテナンスを短くしているのが実状です。
AQUAEATERは冷凍機を使わないため?低価格であり、フィルターや従来の気水分離器と異なり?メンテナンスの必要が無く、かつ今までにない?高性能?コンパクトと、4拍子そろった画期的な気水分離器です。
AQUAEATERを採用することにより、ドレンに起因する緊急補修や定期メンテナンスから解放され、工場や現場の生産性は大幅に改善されます。

特徴
1.特殊衝突分離構造により、ドレン(水滴)を99.9%カットします。
2.ドレンをカットするので、空気中の雑菌が少なく衛生的です。
3.駆動部分やフィルターがないのでメンテナンスフリーです。
4.動力を使わないので、ランニングコストが不要です。
5.ドレン自動排出機構なので、連続運転が可能です。
6.コンパクトなのでエアー利用設備に内蔵できます。
7.フロンガスを使わないので、環境にやさしい。
8.差圧が高いとき(始業時)でもドレンをカットします。

従来の問題点
1.ドライヤーのドレン分離が不充分なため、ドレンも一緒に搬送してしまう。
2.ユースポイントまでの配管が長く、断熱膨張衝突分離によりドレンが発生しやすい。
3.フィルターにドレンが付着し、分離効果が下がる。
4.IN/OUTの圧力差が大きいと分離不可
5.定期メンテナンスが必要。
6.始業時にカラ吹きが必要。

導入によるメリット
1.圧縮空気利用設備の稼働率がUPします。
2.メンテナンスフリーの為、人件費、部品費及びランニングコストが不要です。
3.ドレンをほぼ完全にカットするので、エアー機器の寿命が延びます。

項   目

AE-500

AE-1000
仕  様 最大使用流量(リットル/分)

500

1,000
圧力範囲(MPa){kgf/cm2}

0.1〜10{1.0〜10.2}
使用温度範囲(℃)

5〜65
オートドレントラップ

フロート式
接続口径(lN/0UT)

Rc3/8

RC3/4
ドレン排出口口径

1/4
寸 法 全長    A(mm)

290

410
本体長   B(mm)

180

295
外径    C(mm)

90

142
重量       (kg)

1.5

3.8

原理図

水滴分離性能比較
入口で断熱膨張と衝突分離によって結露を強制させた圧縮空気を、螺旋状に旋回上昇して更に気水分離します。 上記グラフのように、AQUAEATERは衝突分離、断熱膨張、遠心力分離のバランスが良く、差圧が高い時(始業時)でも、他社と比較してドレンを非常に良く分離していることがわかります。

取り扱い上の注意

●AQUAEATERは必ず垂直に取付けて下さい。
●lN/0UTを逆に接続すると、ドレントラップしません。
●AQUAEATERとユースポイントまでの距離が長すぎる場合、外気により配管内が冷却され、過飽和状態となり、水分が出ることがありますので、ユースポイント直前に設置して下さい。

使用例


           ニチミネ
株式会社 日峰
〒661-0953 兵庫県尼崎市東園田町5-7-7
TEL 06(6492)5314
FAX 06(6492)1859
e-mail : go123@nichimine.com